子供との写真に夫が入らないワケとおススメアイテム

      2016/03/06

写真を撮ろう


家族のアルバムを作ってみると異様にお父さんが映ってない!ってことがありますよね。 それって単純に、お父さんがカメラマンだからなんですよ!かわいい子供ときれいな嫁をバッシバシ撮ってるお父さんは写真に入らないわけです。

お父さんかわいそう・・・ おれかわいそう・・・ 一児の父、ライターのケイです。ということで、今回は家族でバッチリ揃って集合写真を撮るための便利なアイテムを紹介します!  

 

セルフィースティック

そのアイテムは「セルフィースティック」といいまして、自撮り棒とかセルカ棒とかいろいろな呼ばれ方をしているものです。 こんなん↓↓ セルフィースティック 外国からの観光客なんかはよく使ってますよね。あんまり日本人で使ってる人をみかけたことがないですが、結構使えるんです。  

 

引きで撮れる

手を伸ばして自分たちを撮ろうとすると写真に入る人数に限界があります。 わたし手が長いんですなんて言う人でも限界ありますよね? セルフィースティックなら手元の棒を伸ばせば簡単に引きで撮ることができます。10人くらいはいけるので5人家族なんか余裕で家族写真がばっちり撮れます! ちなみに背景も無理なく入れることができるので、どこのなんの写真かもわかって思い出の写真になるのです。  

 

操作が簡単

スマホをセットして手元のボタンを押すだけでシャッターがきれるのがいいところ。 セルフタイマーだと、シャッターがきれるまで引きつった笑顔でカウントダウンしなければなりませんが、これなら大丈夫! はいチーズでサクサク集合写真が撮れちゃいます。  

 

持ち運びがラク

三脚みたいに重くなく、そしてコンパクト!重量は100~150g前後でたまご3個程度の重さ。折りたたむと15㎝~20㎝になります。 カバンに入れても他の荷物の邪魔をしません。三脚だと重くてカバンにも入りませんよね。  

 

そんなに高価なものではない

楽天やアマゾンで調べれば500円くらいのチープなものから2000円も出せばよいものが買えます。

できるだけコンパクトで気軽に持ち運べるというところとカラーバリエーションで言えばここかなと。レビュー数も5000を超えてました。

他にも楽天やアマゾンで見るといろいろとありますので探してみてください^^ ちなみに電気屋さんにも売ってますよ!  

 

まとめ

家族写真はスマホで、「引きで撮れる・コンパクト・操作簡単」なセルフィースティックを使ってバッチリ集合写真を撮ろう!    

 


 - ライフスタイル, 子育て ,