僕が就職したくなかった理由と子供がそうならないために

   

チルドレンとは俺のコト


突然、このブログにこんなタイトルの記事で驚かせたかもしれません。大丈夫です。子育てに関する内容になってます。
 
 
過去の後悔を子育てに役立てたいという気持ちで書いてます。それから誤解されないように言うと、「子供には就職したいと思わせよう」っていう話でもないですし、僕は就職してサラリーマン6年生です。子育て世代の方だけでなく、高校生や大学1年生にも読んでもらえるとうれしいです。
 

 
 

子供には自信をもってもらいたい

成長
 
先日、とある企業の社長の話を聞く機会があって、それは、これから就職活動をする人向けの話だったんだけど、当時の自分と今の自分、それと子供について考えをめぐらせるきっかけになりました。
 
 
当時の僕は就職したくない!と本気で思ってて、いま思えばそれは自分に自信がなかったからだと思います。そして、社会に出た僕は、この「自信」が生きていくのに大きく影響してるなと感じるようになり、これは親として子供に与えなければいけないものの一つだと思うようになりました。
 
 
なので、今回のタイトルへの答えは「子供には自信を持たせる」ことです。
 
 
 

就職したくなかった理由

子どもサラリーマン
 
僕が就職活動したのは23歳の大学院生だったころです。
 
 
 
就職したくなかった(社会に出たくなかった)理由はいろいろあるんですが、一番の理由は「自分には何もできることがないなぁ」といった自信のなさでした。(ほとんどの人が思うことだと思いますが)
 
 
こういうことをやってみたいといった具体的なものもなかったし、いや、あったけどそれが本気かどうかわからないとかなんかそんな感じでした。
 
 
なんか、伝わらないですよね。
 
 
でもなんかそんな感じ。モヤってしたものです。正直、情けなくてしかたなかったです。
 
 
そんな自分にも「稼ぎたい、お金持ちになりたい」といった野望というか欲望というものはありました(笑)。そんな思いも「就職すること」について邪魔をしていました。
 
 
 

社会に自信をもって出ていくためには

社会に出たくない病(笑)の原因

落ち込むサラリーマン
 
もうこれを読んでいるみなさんならわかっていることだと思うんですが、あえて書きますね(苦笑)。
 
 
原因は、上でも言ったように「自信のなさ」です。
 
 
  • おれ(わたし)なんもできることがない
  • おれ(わたし)取り柄がない
  • おれ(わたし)やりたいことがない
 
 
などなど、将来子供が思ったりしてほしくないですよね。
 
逆に・・・
 
 
  • おれ(わたし)はこんなことができる
  • おれ(わたし)はこれが得意
  • だからおれ(わたし)は○○をやってみたい
 
と考えられるように成長してもらえるのが理想ですね。
 
 
 

自信をもって社会に出るには

サラリーマン上司
 
いま高校生や大学生でも遅くないです。後者の考え方ができれば、仕事ってめちゃめちゃ楽しいです。僕はサラリーマンになってからこのことに気づきました。
 
 
なんのとりえもないことに焦りを持っていた僕は、何か自分にできることを探して勉強しました。
 
 
社会人になると時間があまりないのでなかなか難しい面はありましたが、僕は何か作ることが好きだったのでデザインソフトを扱えるよう勉強しました。(自分の仕事とは全く関係なかったことです)
 
 
これが、僕の「得意なこと」「こんなことができる」になったわけです。プロでバリバリやってる方には劣りますが、人よりも少しできるようになったのです。もちろん好きなので楽しいことです。
 
 
それから、あるきっかけで個人会社社長のインターネットメディアのトップページのデザインをすることがありました。また、別の映像制作会社のブライダル事業の商品についてデザインする機会があり、これは3商品採用してもらえました。
 
 
この経験で、僕ははじめて自分の力で僅かながらお金を稼ぐことができました。
 
 
なにより、お金を稼げたことではなく喜んでもらえたことがすごくうれしかったし、達成感もあったし、充実感を得ることができました。それと同時に、これが社会に出ることなんだなと気づく経験になりました。
 
 
社会に出るということは、「自分のできること」をやって、それが「誰かの価値」になり、それで「お金が稼げる」ということです。それがさらに自信になります。
 
 
自信をもって社会に出るためには、自分にできることを具体的に作ることでした。そして、それが誰にとって役立つことかを考えながら生活することだと思います。まぁ、全員にできることではないかもしれません。このブログを読んでる方はできるんじゃないでしょうか。
 
 
僕はこれを意識して子育てしていきたいと思ってます。未来の我が子が充実した大人になるために。
 
 
 

最後に

もう気づいてる方もいると思いますが、自分にできることを作るのは今からでも遅くないということです。僕は社会人になってから作りましたし。そして、それが今の会社でも役に立ってます。正直おどろいてますが、人生何があるかわかりませんね。
 
でも、できれば早いほうが絶対いい!僕がもし過去にタイムスリップできるなら大学は別のところに行きます!(でも、結婚相手は今の妻がいいので・・・どうしようかな)
 
 
 
 

 - ぼくの子育て方針, ライフスタイル, 子育て ,