子育て中の妻のイライラにカチンと来る夫!どうしたらいいの?

      2016/03/09

オレって残念な夫?


どうもー、ケイです!

休日くらいしか子育てにかかわれない分、がんばったのにキツイ言葉を言われて妻は不機嫌に・・・なんていう妻のイライラに戸惑っている旦那さんも多いんじゃないでしょうか?

そんな妻の言葉に正直ムカつくけどグッと飲み込んでいる世の旦那さんへ、今回は妻がなんでイライラしてるのか?おれたち夫はどうすればいいの?っていうことについてです。妻への対応や子育ての関わり方について、少しでも良い方向に向かうようなヒントになるといいなとおもいます。

隣の芝は青い?

  • 結婚する前はもっと魅力的だったんだけどな。。
  • 結婚したら女は変わるって本当だな。。
  • うちの妻だけがこんなイライラしてキツイのだろうか。。
  • ATM化ってこういうことか。。
そんなことを思ってませんか?幻滅して愛情が減ってませんか?そして、、妻に対する態度や子育てについてやる気を失ってませんか?そして、そして、、、あぁ悲しくなってしまいますね。
 
 
まぁそれは現実かもしれないですが、ちょっと冷静になりましょう。
 
 
下の表は株式会社ベネッセコーポレーションの調査結果の一部です。
 
結婚生活で“疲れ”を感じること、1位「子育て」2位「家事」
 
「妻が結婚生活で疲れを感じること」の1位として「子育て」が上がっています。これは64.2%が感じているとのこと。また、「夫とのコミュニケーション・夫からかけられた言葉」に疲れを感じるという妻は35.9%いるとのことです。
 
基本的に妻は子育てに疲れているようです。これは僕も良くわかります。丸3日間子供と二人で過ごした時はなかなか大変でしたから・・・。この疲れが、妻をイライラさせている一番の原因ではないでしょうか?
 
あなたの奥さんだけでなく、周りの奥さんたちも同じように感じていることだと言えるように思います。隣の芝も同じということなのではないでしょうか。
 
 

どうしてイライラするのか?

基本的に子育てはしんどいーその理由

 
1.熟睡できない
子供が0~2歳くらいのときって寝てほしいときに寝てくれないんです。夜でもお昼でも。寝たと思っても1時間も経ってないのに「ぎゃーーー」と泣きだして、夫からは「早く寝かせてくれ・・」と言われて焦るし、そんなこんなで気づけば朝になってるってことが毎日続きます。
 
子供がもう少し大きくなると、寝ぼけながらポケットに足を入れてきたり、服の中に手を入れてきたり、大事なところを触ってきたり。
 
 
2.常にだるい
熟睡できないから疲れが取れない。だからだるい。それでも、おむつを替える、着替えさせる、ご飯を作るなどなど容赦なく時間と育児と家事に追われているのです。
 
3.子供は思い通りにいかない
この睡眠不足、とれない疲れの状況で子供に向かわないといけません。それも決まったタスクで淡々とこなせればいいですが、子供はそうはいかないんです。
 
おむつを替えたと思ったら、「ぶりぶりぶりー」とうんちの臭い。じゃあもう一度替えようかと思ったら、子供が逃げ回り、やっと替えさせてくれる体勢になってくれたかと思えば、おむつからうんちが漏れて服が汚れている。服を脱がせて、うんちの処理が終われば服を着せるために裸で走り回る子供を追いかける。やっと着換えさせたかと思えば、おふろの時間でまた脱がせるのに手こずる。
 
一言で言うと「常に自分の思い(予定)通りにならない」ということなのです。
 
この負のスパイラルが妻を精神的に疲れさせ、イライラさせているのですね。共働きともなれば、プラス仕事のストレスも上乗せです。
 
 

母親として体質の変化

これは性格とかの問題ではなく、母親として体質が変化しているっていうのもあるようです。
 
育児で助け合いたい夫に、なぜかいちいちイライラしてしまう理由にも、母親の体内で分泌されるホルモンが密接に関わっていることがわかってきました。そのホルモンの名は「オキシトシン」。出産時や産後の授乳時、わが子と触れあっている時などに多く分泌され、脳に作用して、わが子やパートナーへの愛情を強める働きをしています。ところが最近、愛情だけでなく、同時に「他者への攻撃性」を強める作用もあることが明らかになりました。たとえ夫であっても、育児に非協力的な人は「攻撃の対象」となり、イライラ感が強められて夫婦関係の破綻を招く恐れもあるというのです。
 

妻への対処法

ほっとくと離婚の危機に

妻はこうした状況の中、僕ら夫ともコミュニケーションを取るわけです。普通なら笑えるジョークも「笑う余裕がない」という状況は、ここまで読んできた中で想像できますね。
 
夫が良かれと思ってやってることも、妻としてはイライラしてしまうということが起きてるのではないでしょうか?
 
 
ただし、この状況が長く続くと修復不可能な夫婦の問題になってくるようです。
 
厚労省の調査では、離婚率がもっとも高いのは子供が0~2歳のときという結果がでています。また、妻の年齢が20~29歳、30~39歳での離婚は離婚全体の73.5%ということでした。(※)
 
(※)厚労省 平成23年度全国母子世帯等調査結果報告「ひとり親世帯になった時の親及び末子の年齢
 

 夫としてどうするべきか?

ここまで読んで、子育てのほんの一部を垣間見ることができました。
 
マジで余裕ないからね。
 
妻のイライラの根源は「余裕がなく心休まるときがないから」だと僕は思います。
 
そして、おそらくここまで読んでいる方は協力的な旦那さんやと思います。その協力的な部分に「妻を精神的に休ませる」という視点を持とうというのが僕の提案です。
 
そうすることで、妻の気持ちに余裕ができ、僕らへの当たりも和らぐのではないでしょうか?
僕ら夫がやるべきは、妻の心の余裕を作ることではないかなと。
 
 

  • 家事をがんばってやってるのにキツイ言葉を言われ、ほんとにムカつくんです!!
  • もうそんな懐が深いことなんてできねぇよ!!
そんな言葉も聞こえてきそうです。。
 
わかる。よくわかるよ!!僕も男やからね。
 
 
とは言ってもやっぱり子供がいちばんなんですよね。母親のほうが子供といる時間は長いです。その母親が精神的にきつい中で満足のいく子育てができるでしょうか?
 
・・・・・難しいよ。。
 
だとしたら、僕らが子育てに参加するってのは妻と同じことをするだけじゃないと思うんです。妻に心の余裕を作ってあげることが夫としての子育ての関わり方なんじゃないかなと思います。
 
子育てにかかわる時間がない僕らの、僕らしかできない関わり方を考えてみませんか?
 
・・それでも変わらないのなら、離婚っていう選択肢もあるかなと思います。全力でやってダメならしょうがない。だって僕らだってしあわせになりたいですからね。
 
 

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。
 
夫婦円満、家庭円満を考えるブログならこの話題にきりこんでいかないといけないんじゃないかと思い、長文ですが書かせてもらいました。
 
大切なのはお互いに共感しあって、お互いにサポートしあうものではないでしょうか。どちらかが我慢するだけではどこかで必ずひずみが出てくるはずです。夫しかできない子育てへの関わり方で、いい関係が続けられるといいなと思います。
 
余談ですが、ネットを見ていると妻のイライラへの対処法として「夫に期待しない」だとか「夫をいないものと思う 」とかが挙げられているサイトを目にしますが、いち夫としていろんな意味で腹が立ちますね(笑)
 

 - ライフスタイル, 夫婦, 子育て ,