【子育て】わたしが毒母⁉︎娘にイライラする!良好な母娘関係の救世主は旦那だった

   

娘にイライラを解消したい


生意気な娘の言動にイラッときてませんか?うちの娘がもうすぐ3歳になりますが、職場の子育て世代のママさんたちから「そろそろムカつくころじゃない?」ってよく言われます(笑)
 
かわいいし大好き、だけどイラッとくる!
 
娘にイラっときているはあなただけじゃありません。今回はそんなイライラを解消する本質をお伝えします!キーワードは夫婦関係です。
 
謎の男 J
よぅ、奥さん。どうした?泣いてるのか?
そういう時は「旦那」に甘えるんだ
 

 
 

娘に対してこんな時にイライラする

〜はじめに言っておくと、「わがまま」で「母親とぶつかる」のは正しく成長している証しなのだそうです。〜
 
おしゃべり上手な娘にイライラしてる嫁、なかなか娘は手ごわいなーと傍目からでも思われるそんな光景ですが、珍しくないようです。周りからも自分の娘に対して「ムカつく」という言葉をよく聞きます。どうしてかわいいと思っているのにイライラしてしまうのでしょうか?
 
 

1.娘から拒否(反抗)されたとき

謎の男 J
ああ言えば、こう言うってときだな
 
 
やっぱりこれが一番大きいですね。娘に口ごたえされたり、だだこねられたりするとイラッときます。はじめは優しく説得してても、最後は怒鳴っているということもしばしばではないですか?
 
言うことをすんなり聞いてくれないときにイラッとしてしまうようです。
 
その他、娘のために考えて選んで買った服を「これきらい」と全く着ようとしないということでイラッとしてしまうこともあるようです。
 
 
 

2.娘が自分に似ていると思ったとき

謎の男 J
娘の言い方にイラッとくるって?
それ、あなたの言い方に似てないか!?
 
嬉しいことのようですが、もし自分が無意識にしていてそれを娘がしたときに「はっ」と気づくことないですか?例えば口癖や話し方、身振りなど、かわいげがない部分が自分と重なってイラッと来てしまうようです。
 
 
 

□3.娘に嫉妬したとき

謎の男 J
時代が変われば環境も変わるからな
 
自分の娘なので良い環境で良い人生を歩んでもらいたいと思うのは、親なら誰しもそうですよね。しかし、自分が子供の時にできなかったことや、環境が整っていることに嫉妬してしまうこともあるのでは?
 
たとえば、そういう整った環境なのに不真面目な態度をとったときとか。無意識に嫉妬の感情がイラッとさせているかもしれません。
 
 
 

娘に対するみんなの悩みあるある

上の子と下の子でかわいさが違う

謎の男 J
例えば・・・
「次女はすごくかわいく思えるのに、長女のことはかわいく思えないんだけど、これって母親としてダメなのでは?」という悩みだ
 
 
複数の子供に同じだけ愛情を注ぐのって難しいし、子供も一人の人間だから差がでるのも当然。あえて書くとすれば、上に書いた1~3の項目が当てはまれば当てはまるほどかわいくないと思えるのではないでしょうか?母親としてダメではありません。
 
 
 

母娘関係は連鎖するのか不安

謎の男 J
例えば・・・
「私と母は不仲だった。子供を叱っているとき、ふと母と自分の姿が重なり不安になることがある。自分の子供とは良い関係でありたいと思っているが、それって連鎖するの?」という悩みだ
 
結論から言うと、母娘関係が世代間で連鎖する根拠はないようです。自分と同じ思いをさせたくないと思っていることが大事なようです。
 
 
 

つい感情的なケンカになる

謎の男 J
旦那から「きみと娘のケンカは女同士のけんかと同じだな」と言われないか?感情で怒るのと叱る(しつけ)は違うんだ

 
感情的になるのは仕方ないのでは。しつけと思って叱っていても、娘の態度から次第に感情的な怒りがこみ上げてくるのではないでしょうか?
 
それは、娘と母親の距離が近いからお互いの嫌なところや痛いところを突く言葉が出てくるのかもしれません。収拾がつかないときは旦那の出番かも。
 
 
 

イライラを解消するための2つの意識

育児あるあるで深く悩みすぎない

人は(特に真面目な人ほど)なにか問題があればどうしたらいいか考えてうまくいくようにしていこうと思うもの。それは仕事だったら当然のことですが、子供が相手だとなかなか難しいですよね。
 
「やりたいことはやりたい!」「やりたくないことはやりたくない!」とだだをこねるのを説得するのは至難の技です。「あの時はこう言ったのに!」と痛いところを突いてくるのも子供らしい(笑)「あの時と今は状況が違う!」って言ってもわからないし(笑)
 
 
うまく行かそうと思いすぎず、正しくありすぎず、少しくらい矛盾があってもいいのではないでしょうか?世の中矛盾だらけですし、そういった矛盾を自己消化できるような環境も必要です。
 
 
 

程よい距離感をもつ

ダメなものダメだと教えるのは親としての責任ですし、それがしつけです。ただ、娘を心配するあまり根掘り葉掘り聞き出そうとしたり、娘だからと言って借りたものを返さなかったり、意見を全く聞かずに押し付けたり、というのは良くないそうです。
 
 
最近聞かれる「 毒母っていうやつですね。
 
 
娘も1人の人間ですので、良くない部分があると嫌ですし仲も悪くなり、結果イライラさせられることにつながります。娘を尊重し、当然のマナーは守ることが良い関係を作り、イライラを軽減することにつながるようです。
 
 
こちらの記事も参考に↓ 
 
 

救世主はダンナ!?

夫婦関係が良いと母娘関係も良い

娘とのいざこざも身近な存在が理解してくれるとラクですよね。夫婦関係が良いとお母さんの気持ちの余裕や意識が変わり、それが母娘の良い距離感をうむのではないでしょうか?
 
夫婦の問題も母娘の問題も、夫婦で共有して乗り越えていくのが夫と妻の責任でもありますよね。結婚ってそういうことですよね。
 
ママ ヨウコ
でも、いまさら旦那とどう話せばいいか迷うな。いざとなると何話していいかわからないかも(苦笑)

謎の男 J
まずは旦那に「聞いてくれるだけでもいいから」と前置きして話してみたらどうだ?少しずつ変えていけばいいさ

筆者 ケイ
それから、自分を犠牲にしすぎてないことも意識してみて!

ママ ヨウコ
子供が優先だし、旦那は仕事頑張ってるし、家のことは私がって思うところもあるだよね

謎の男 J
ははは、それで奥さんの心の余裕がなくなるほうが危ないぜ。好きで結婚した旦那だ、話せばわかるはずさ。たまには息抜きさせてもらえよ!

 
 
自分の感情を殺して不満を溜め込んだ結果、矛先が子供や旦那に向かうのは本末転倒です。綺麗で楽しそうに子育てしてる姿は娘にとっては憧れの存在になるのでは?
 
 
 

毒母状態の家庭には夫の存在がない?ダメな夫のパターンとは

毒母に悩む多くの家庭には共通して父親の存在がないことが多いそうです。実際にいないということだけでなく、いてもその存在がまるでないかのような家庭が多いのだとか。そういった環境にあることと、母娘関係の悪化には関係があるのかもしれません。
 
 
〜夫の存在を感じられないパターン〜
謎の男 J
おいおい、最低だな(笑)
まぁでもこんなやつなら、いない方がマシって思うかもな
 

1.傍観者タイプ

妻と娘が格闘していても知らん顔でスマホやテレビを見ているタイプ。口を開けば「大変そうだね、、」と他人事な傍観者タイプ。
 
 

2.逃亡者タイプ

平日は仕事が忙しくほぼ家にいないのに、休日も何かと理由をつけて出かけているような子育て逃亡者タイプ。
 
 

3.迫害者タイプ

DVや浮気で妻や娘を精神的に負担をかける。「子育てはおまえの仕事」「娘がこうなったのはおまえが悪い」と言い放つ迫害者タイプ。
 
 
 

まとめ

母娘関係と言っても、家庭の基本は夫婦関係にありそうです。そこが良ければ、どんな壁でも乗り越えられるってことかもしれません。
 
「娘にイライラする!」誰もがこういった経験をしているようです。旦那さんと話すことで良い方向にすすむといいなと思います。
 
 
 
 

 - ライフスタイル, 夫婦, 子育て ,