うちの子、いじめられている!?子供の人間関係、親はどう関わったらいい?【女の子】

   

女の子いじめ人間関係


親としては、子供の人間関係やいじめに関することにどのように向き合ったら良いのでしょうか?
 
 
先日、こんなニュースがありましたよね。娘を持つ身としては他人事ではないなと感じてしまいます。
 
今回は、子供の人間関係やいじめに関して親の関わり方について見てみます。
 

 
 

女子中学生の自殺ニュース概要

女子中学生2人が普段通り登校し、部活を終えて、2人で手をつないでホームに飛び込んだというものです。かばんには人間関係に悩んでいた旨の手紙が数枚書かれていたそうです。
 
放送されたニュースの中でのインタビューでは近所の方が「普段通りだった」と話されていました。
 
 
本当に悲しいニュースでした。同時に自分の娘はどうなるかなと他人事とは思えないことに感じました。
 
 
自殺を考えるほど悩んでいたのでしょうか。親子でその悩みを共有できていたら防げたか?というと、そうとも言い切れないと思いますが、少なくとも悩みを共有できている安心感を持てるかもしれません。
 
悩みを少しでも共有できる関係でいたいものですが、日頃の友人関係やいじめに対たいして親はどのように向き合えば良いのでしょうか?
 
 
 

女の子の友達付き合いの特徴と親として

グループを作るのが特徴

謎の男 J
男は1人でも平気ってやつは多いと思うぜ。女はグループって感じだからな、空気を読むのに気を使いそうだな。
 
女の子は小学3〜4年生ごろから仲良しグループを作り出すようです。周りに聞くとグループでの仲間はずれなんかはよくあるみたいですよね。グループを作る女子は協調性がある反面、目立ってしまったりすると嫉妬から仲間はずれにされるというのがあるようです。
 
 
聞いているだけで窮屈です。みなさんの子供の頃やいまの子供たちも人間関係にストレスは感じているのかなという印象を持ちます。
 
 
 

親としてどう接する?

謎の男 J
親は常に子供の見方であれ。でも、子供はウソもつくからな!
 
子供が友人関係で悩んでそうなら、1つは子供から悩みを聞き出すことです。親を心配させまいと話したがらないかもしれません。日ごろから会話の中で悩みを言い合える関係を気づいておくのが大事そうです。
 
 
なかなか断れないなど具体的な悩みがあれば断り方を一緒に考えてみるなど共有してあげるのが良いようです。
 
また、学校の先生と良い関係を築いておくことも大切だなと思います。連絡張っていうのがありましたよね。普段から娘の様子など不安なことがあれば伝え合う、良い関係を築いておきたいものです。
 
 
 

いじめを受けているかもしれないとき

絶対に言ってはいけないNGワード

謎の男 J
ずばり、子供と正面から向き合えってことだ
 
  • もうちょっと我慢しなさい
  • 気にしなければいい
  • 自分にも悪いところがあるんじゃない?
 
相手を不快にさせるのは基本的にダメなこと。それは子供にもしつけているはずですよね。子供が嫌がっているのだから、少なからず相手に悪い部分があるはずです。
 
 
 

子供の様子から察してあげる

謎の男 J
ずばり、もう一度、正面から向き合え!ま、暑苦しくなくだ
 
  • いつでも味方になることが伝わるように
  • 何かあっても打ち明けられる関係作りを
 
いじめはいつの時代もあるもだけど、最近ではインターネットが一般的になり低年齢のうちから使うようになりました。インターネットを使ったSNSでのいじめなどはエスカレートしやすいようですので、単なる「子供の問題」で放っておくのは少々危険かもしれません。
 
 
聞いても答えてくれないことが多いですが、子供の様子から察してあげられる関係を作りたいですね。
 
 
 

いじめる側になっていないか?

よくあるいじめにつながるパターン

 
  • 仲間はずれ
  • からかう・悪口
  • 軽くたたく
  • ひどくたたく
 
はじめはほんのささいなことから。からかうなんてことは割と多いんじゃないかな。からかわれやすい人っていましてよね。それも友達同士のコミュニケーションですし、大人でも親しくなればあります。子供の場合はそれがエスカレートしてしまうんでしょうね。
 
 

そんなつもりはないけど、傷つけてしまっている

謎の男 J
共感能力があるといっても子供は子供だな
 
僕も小学生のころ、からかい過ぎて?突然友達が泣きだしたときはびっくりしました。その時のことはこのくらいしか覚えてなくて、その後も仲良くいられたので友達関係を崩すことにはならなかったのかなと思います。
 
これも子供あるあるみたいです。「そんなつもりはない」が相手を傷つけていたりするようです。
 
 
 

親として子供が友人を傷つけてしまっていたら

「人としてどうか?」という部分をはっきり伝えることが大切なようです。
 
~親のNG対応~
 
  • 子供のケンカだから介入しない
  • 良い悪い関係なくとにかく謝らせる
 
本当に自分の子供が悪いときは、親自身が謝る態度を見せるくらいの毅然とした姿勢でいることが大切なのだそうです。
 
 
 
 

いじめ加害者の未来

いじめ被害者が加害者に久しぶりに出会ったときのことを書いた記事をみつけました。これが考えさせられますので最後にリンクを張っておきますね。
 
 
 

 - ライフスタイル, 子育て