いつまでも娘と仲良くいたい!子育てでの関わり方3つのポイント

      2016/05/09

子育て女の子とのかかわり方


謎の男 J
よぅ、オレだ、ジェイだ。

奥さん、無意識に娘にプレッシャーを与えてないだろうな?
男の子と違って単純じゃない女の子は本心がわかりにくいからな
 
 
どうもーケイです。
 
成長するにつれてだんだん自分の意見を言うようになってきた娘。衝突することも増えてきて正直ムカつくことも多いけど、やっぱりかわいい娘。
 
いつまでも仲良くいるためには、どう関わっていけばよいのでしょうか?
 
今回は日ごろ気を付けたい娘とのかかわり方について調べてみました。
 

 
 
 

実は頑張りすぎてる女の子

期待がプレッシャーにならないように

同性の母親からすると、男の子より女の子のほうがわかりやすいと思っていることが多いようです。
 
しかし、単純な男の子より大人な女の子は本心がわかりにくいそう。女優ですね。
 
 
そして女の子は母親の期待に応えたいという思いが強いそうです。
 
 
特に思春期の女の子に「なんでできないの?」などの言葉はプレッシャーに感じるかもしれません。
 
僕は全く期待を感じさせないというのもどうなのかなとも思います。【期待 < 応援】くらいの気持ちで接することができたらいいですよね。
 
 
 

母親をがっかりさせたくない女の子

意思を引き出してあげたい

子供には好きなコトを見つけてとことん頑張ってもらいたいなと僕は思ってるんですが、好きなコトってじっとしてて見つかるものではないですよね。
 
だから親がある程度は与えてあげなければいけないと思っています。しかし、娘のためと思っている行為が逆に子供の本心とかけ離れてしまうこともあるそう。
 
 
娘としては「親をがっかりさせたくない」という気持ちも持っていて、自分の意思とは反対にやりたくなくても「やる」と言ってしまうことがあるそうです。
 
親としては自分がやりたかったことや、親から与えてもらえなかったことをやってあげたいと思うものですが、娘の本心はどうかな?と一歩引いて気持ちを考えてあげられるようにしたいものです。
 
 
 

母親の幸せは娘の幸せ

明るく幸せそうな母親像を見せる

自分で振り返ってみて、無意識にも同性の子供は同性の親を人生のお手本にしているだろうなと思います。
 
実際、女の子は母親を身近なモデルとして成長するそうです。いずれ自分が母親になるというのはわかってますし、自分の母親が幸せそうであれば自分のいずれそうなりたいと思うもの。
 
 
日常で不満を感じていればその不満は子供にも伝わるそう。
 
 
でも、だからと言って幸せそうなふりをするのも疲れますよね。母親も自分を大切に、自分の幸せってなんだっけ?と日ごろ置き去りにしがちな自分にも思いやりを向けてはどうでしょうか?
 
(実際、仲がいいかは置いておいて)
 
旦那さんと仲良くしている姿を見せるのも良いそうです。
 
 
 

まとめ

親が「こどもこども」となりすぎないことも大切じゃないかなと思います。
 
 
子供からすると親が趣味に没頭している姿って結構かっこよく見えますよね?
 
 
見えませんか?僕は大人な遊びをしている親父をすごいなって思うことありますよ!
 
 
 

 - ライフスタイル, 子育て , ,