女の子に人気な習い事は?何歳から英語?始めた年齢と理由

      2016/04/22

女の子の習い事


子供の習い事って、いつからどんなことをやらせたいかってもう決めてますか?今回は、みんながどんな習い事をいつからやらせているのかについて調べてみました。女の子編です!
 
 

 
ママ ヨウコ
んー、娘の習い事ってどんなだったかな?
 
娘 リサ
Hi!How are you doing?
押し付けられても困るよー
 
 
謎の男 J
よぅ、奥さん。おれだ。
子供は習い事に通わせてるか?
ん、なんだ悩んでるのか?しょうがねぇな。世間はどんなか調べてみたぜ。読んでくれ。
 
 
 

人気1位 ピアノ

ピアノをはじめた年齢

 
 
 

ピアノをはじめた理由

  • 3歳から。リズム感と音痴をなおすため
  • 6歳から。将来ピアノを弾く職業につくために必要なことと、ピアノは両手が違う動きをするので脳の発達によいと聞いたことがあるため。
  • 3歳から。私は小3で始めたけどそのときには周りの子たちはバリバリ弾けていたんです。もっと早くやりたかったと思った経験から。
  • 幼稚園から。始めた理由というより、受験のストレスを感じたときに発散に役立ったと言ってます。
 
 

人気2位 水泳

水泳をはじめた年齢

 
 
 

水泳をはじめた理由

  • 4歳から。体力づくりと泳ぐことは生きていくために必要だと思うし、泳ぎ方を正しく覚えてほしいので。
  • 9歳から。自分も習っていて、健康にいいと思った。プールや海に行って、わたしが泳いでいるのを見るうちに、娘も泳げるようになりたいと思ったらしい。
  • 溺れて命を落とさないため。ある程度泳げれば防げる水難事故もあると思う。
  • 海や川遊びが楽しくなりそうだから。
  • 親子でベビースイミングから始めました。一緒に楽しくコミュニケーションをとれたらなと思って。
 
 

人気3位 バレエ

バレエをはじめた年齢

 
 
 

バレエをはじめた理由

  • 3歳から。バレエは踊りの基本なので、将来違う分野の踊りをするにしても、転向可能と思ったので。芸術的な感性も同時に養えると思った。
  • 4歳から。レオタードがかわいかったから。
  • バレエ教室の子たちが上品で礼儀正しく、自分の娘もそうなってほしいと思ったから。そして割とそのように成長してくれた。
  • 姿勢がきれいになる、スタイルが良くなる、体力がつくと聞くから
 
 

人気4位 英会話

英会話をはじめた年齢

 
 
 

英会話をはじめた理由

  • 6歳から。人前で話すことを重視する教室なので英語力と言うよりは、コミュニケーションや発信力を養うため
  • 6歳から。苦手意識がないうちに、まずは楽しさを実感させたいと思って。大きく口を開けて発音したり、先生とレクリエーションをしたりして引っ込み思案の娘にはいいと思った。
  • 5歳から。日米ハーフのいとことちゃんと遊んでほしいから。
  • 自分のことですが、4歳ごろから通っていて中3になり英検2級が取れました。高校受験にも役立ちました。
  • 3歳から。将来、英語が話せると便利だと思ったから。
 
 

人気4位 勉強系

通塾しはじめた年齢

 
 
 

通塾しはじめた理由

  • 5歳から。落ち着きがなかったので1時間座っていられるようにと習い始めた。
  • 7歳から。中学受験のため。周りの競争と努力で志望校も大幅に広がった。
  • 8歳から。勉強が難しくなってきて親が教えられなくなってきた。
  • 12歳から。高校受験のために。小学生のうちは遊びに専念してほしい。
 
 

人気4位 お絵かき・工作

はじめた年齢

 
 
 

はじめた理由

  • 6歳から。とにかくつくることや描くことが好きで没頭するので。さまざまな作り方を知ってほしいのと色や組み合わせなど自由な発想力を伸ばしたかった。
  • 3歳から。お絵かきを始めることで、少し室内での楽しみ方を学んでほしかった。
 
 

人気5位 ダンス

ダンスをはじめた年齢

 
 
 

はじめた理由

  • 7歳から。中学になったらダンスが必須科目になると聞いたので。
  • 子供がやりたいといったから。テレビでのアーティストにあこがれて。
  • EXILEを見てカッコいいと思ったから。
 

人気5位 体操

体操をはじめた年齢

 
 
 

体操をはじめた理由

  • スポーツを始める前段階として。基礎的な体力を身につけさせたい。
  • オリンピック選手の影響。
 
 

筆者自身の経験

筆者ケイの経験

僕は小学生の時、文科は習字とそろばん、運動系は本当はサッカーをやりたかったんですが、親の影響でソフトボールをやっていました。
 
習字は10年続けて、たしか中学生で師範に合格したと思います。そろばんは苦手で面白くなく、上達も遅かったです。
 
ソフトボールは中学生で野球になり、地方の選抜メンバーにまで選ばれました。
 
 

やって良かったと思うこと

字がキレイとよく言われます。字だけ見られると女性と間違われることもありますが、与える印象が良いのでやっててよかったなと思います。
 
野球は今でも付き合う仲間ができたのは良かったですし、器用さは養われたかなと思います。自分の経験や工夫を後輩に教えてあげるのも楽しかったです。
 
ただ、そろばんは今に生かされている実感がありません。妻はそろばんをやっててよかったと言ってます。
 
 

習い事について思うこと

はじめたきっかけは全て親から与えられたことでしたが、続けていて良かったと思います。得意なことのほうが上達は早く、自分の自信にもつながりました。
 
一つ残念に思うことは、社会人になって仕事に生かせなかったことかな。大きな意味では生かされているんでしょうが。
 
結局は、『自分で得意なこと好きなことを見つけて磨いて、社会に貢献した見返りにお金を稼いで生活していくこと』だと思ってますが、僕の親心としては将来に生かされる習い事になるといいなと思ってます。
 
もちろん、子供の気持ちややる気が一番ですが・・・。
 
 

まとめ

子供の習い事について、始めた理由を見ると親心が本当に現れているように思います。
 
子供と楽しめたらいいなといった子供と親のコミュニケーションが目的だったり、子供が好きだからといった好きこそものの上手なれといった思いだったり、自分が子供の時にやっていて良かったと思うものであったり。
 
今回の記事を、子供の習い事について妻と話すきっかけにしてみようかなと思います。
 
 

 - ライフスタイル, 子育て